記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独市民 核兵器廃絶願う/「世界平和の鐘」つき原爆犠牲者追悼

独市民 核兵器廃絶願う/「世界平和の鐘」つき原爆犠牲者追悼

 
(写真)5日、核兵器廃絶を願い、ベルリン・フリードリヒスハイン公園の「世界平和の鐘」をつく市民(伊藤寿庸撮影)
 

 【ベルリン=伊藤寿庸】ベルリン市内のフリードリヒスハイン公園で5日夜、園内にある「世界平和の鐘」をついて、すべての核兵器の廃絶を願う「ろうそくの夜」が行われました。

 「平和の鐘協会・ベルリン」や核戦争防止国際医師会議(IPPNW)ドイツ支部、ドイツ平和委員会などが共催。市民が原爆犠牲者への思いを胸に、鐘をつきました。

 「世界平和の鐘」は1989年に日本から贈られました。国連本部など世界各地に設置されています。

 テレビ・ディレクターのローレンツ・シュリューターさん(51)は、「ドイツはその歴史からも世界の平和に責任がある。世界の平和を願って鐘をついた」と話しました。第2次世界大戦終結時に16歳だった父親から、戦争の悲惨さを聞いて育ったといいます。

 IPPNWドイツ支部(会員6000人)のザンジ・オール共同事務所長は、ニューヨークでの核兵器禁止条約の国連会議で条約の採択に立ち合いました。9月のドイツ総選挙に向け、すべての候補者に「ドイツが条約に署名すべきかどうか」を問う手紙を送って、その態度を公表していきたいと語っていました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。