記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夢みるアドレセンス」新曲発売イベント 喉療養から復帰の小林れい「戻って来られた」

「夢みるアドレセンス」新曲発売イベント 喉療養から復帰の小林れい「戻って来られた」
 女性アイドルグループ「夢みるアドレセンス」が19日、東京・東武百貨店池袋店のスカイデッキ広場で新シングル「ララララ・ライフ」の発売イベントを行った。

 声帯ポリープによる喉の療養のため、昨年10月から活動を休止していた小林れい(19)が6月に復帰。グループ新体制での第1弾シングル。

 小林は「1年ぶりのシングル参加だったので、発売日を迎えられて戻って来られた実感があります。メンバーが、居場所を守ってくれたおかけで帰って来られました。ここからが新しいスタート、また頑張ります」と感謝。リーダーの荻野可鈴(21)は「『悲劇になんてさせないわ 大切な物語』という歌詞があるけど、まさにその通り。全部受け止めて、これからも前に進んでいきます。だから付いて来てくれますか?」とあおった。

 同曲を始め、カップリングで相川七瀬のカバー曲「夢見る少女じゃいられない」や「サマーヌード・アドレセンス」「ファンタスティック・パレード」を披露。志田友美(20)「まだまだ、私たちと駆け抜けましょう!」と話すと、数百人が呼応した。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。