記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone Xでステータスバーはこう変わる!時刻表示は左寄せに

iPhone Xでステータスバーはこう変わる!時刻表示は左寄せに

 


 
ディスプレイ領域を可能な限り確保するために、iPhone X(iPhone8)は、インカメラやセンサーを搭載した領域がディスプレイの上部中心にせり出すようなデザインとなります。このため、これまでのiPhoneとは異なり、iPhone XのiOS11では、ステータスバーの表示のされ方も異なることが分かっています。

時刻は左に、インジケーターは右に

先日公開されたiOS11 GM版のファームウェア解析によって、iPhone Xでのステータスバー表示方法が明らかになりました。
 
解析を行ったデベロッパーのギルヘルム・ランボー氏(@_inside)によると、iPhone Xでは時刻表示が左に、通信電波やWi-Fi、バッテリー残量のインジケーターは右に分かれて表示されるようになります。iOS10以前は、通信電波やWi-Fiは左に、時刻表示が中央に、バッテリー残量が右となっていました。
 
この情報をベースとして、別のデベロッパーであるスティーブ・トラウトン-スミス氏(@stroughtonsmith)が作成した、iOS11のシミュレート画像が下記となります。
 

前のアプリに戻る機能は時刻の下に表示される。このことから、「VPN」マークなども、左のインジケーターの下に表示されるものと思われる


 
なお、iOS10までは、内蔵マイクによる録音(画面録画)中はステータスバー全体が赤、通話中はステータスバー全体が緑になる仕様となっていましたが、iOS11以降は時刻表示の部分が、それぞれ赤と緑になるようです。
 

キーボードの配置も微妙に変更へ

また、トラウトン-スミス氏は ディスプレイ領域の拡大によって、キーボードの表示が変わることについても指摘しています。
 

 
具体的には、キーボード下部にホームインジケーター用のスペースが出現するほか、絵文字や音声入力への切り替えマークが下部へ移動するようです。
 
 
Source:9to5Mac,Twitter
(kihachi)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。