FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネスの理不尽な場面、「反論するとき」に日本人がバカにされる3つの英語

ビジネスの理不尽な場面、「反論するとき」に日本人がバカにされる3つの英語
 ひとつの言葉は様々な顔を持っています。日本人の言葉が意図していない意味合いで伝わることもあります。日本人向けの英語教育で豊富な経験を持つデイビッド・セインさんが、日本人が使いがちな言葉から「影にある意味」を紹介します。今回は反論したいときの場面です。

◇  ◇  ◇

 仕事をしていくうえでは、理不尽な場面に出合うこともあります。「あなたが何も言わなかったからこんなことになってしまった」と根拠なく責められるような場面で「あなたの言い分には根拠はないですよ」と自分の立場を果たしてきちんと説明できるでしょうか。

 You should have said something. This is your fault.「あなたは何か言うべきでした(それなのに言いませんでした)。あなたのせいですよ」。こう言われて反論したいとき、どう言えばいいでしょう?

▲It's not my fault.
正しい訳:それは私の落ち度ではありません。
影の意味:それ、私は悪くないもんね。

 とにかく「自分の落ち度ではないことをいきなり主張する」ことは非常に子供っぽいと取られます。

▲It's Jane's fault.
正しい訳:それ、ジェーンの落ち度です。
影の意味:(私のせいじゃない)ジェーンのせいだもん。

 実際、あなたの落ち度ではなくジェーンの責任であったとしても、いきなり人のせいにするのは社会人として、成人としてのやり方ではありません。

▲Don't blame me.
正しい訳:私を責めないでください。
影の意味:私のせいにしないでよ。

 Don't … は「~しないでください」という命令文です。命令文がぴったりくる場面もありますが、「私のせいにしないでよ」はただ防御にまわっているニュアンスがあり、理論的なニュアンスはがありません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。